2018.12.31 
年越し

 朝は西与野から中央公園までの朝のランニングで走り納め、ステーキのどんで肉食べて、息子の面倒を見つつリーフレットを作成して、与野フードのマグロと年越しそばを食べる年の瀬となりました。

穏やかな朝の日差しを受けて走りながらも、乱立する地元のポスターを眺めて複雑な気持ちにもなりました。4年前はこの12月で仕事を辞めて、地元のご要望も受けて、加藤先生から議員職を引き継ぐ決意をした時だった。議員は地域そのもの、、、地域の代表としてその声を市政に伝え、地域を次の世代につないでいく。自民党は決して一枚岩ではないかもしれないけど、それぞれの地域を背負った人たちが集まり、それぞれの立場から議論を交わして街を作っていく。全く知識がなかった自分にたくさんのことを教えてくれました。
 自分が産まれた街への愛があり、地域に住まう方々を大切にして、街を継承していく責任を背負うのが地方議員の仕事でしょう。決して自民党という看板が絶対的なものではなく、自民党のための政治ではありません。

 年が明ければ地方統一選がすぐそこに、、、地域でいえば与野本町マスタープランの実現と、さいたま市でいえばさいたま市本庁舎の位置問題があり、市長の言う”運命の10年”の歯車が動き出す重要な年になります。混乱に陥った中央区も、選挙を通じた民意から、まっとうな状態に戻ることを期待して。私も自分の街へ想いを選挙を通じて皆様にお伝えしていきます。


本年も大変お世話になりました。良い年をお迎えください。年越しの時は例年通り円乗院で迎えますので、お越しの方々はよろしくお願い致します。