2018.09.10 
行政監視機能

昨日の埼玉新聞ですが、このような記事を読みました。


「行政監視機能が低下」という部分は以前私もFB上で指摘したことがあるかもしれません。議会では、市執行部側の業務を肯定するだけでは議員としての仕事として意味はなく、そこに市民目線で指摘を入れて、行政と議会のバランスが出来るのだと思います。もっとも批判ばかりでもよくないので、”バランス”が大事ですが。
また、右下ですが「行政監視や政策立案をしても報酬は変わらず、、、」というところも課題だと感じます。確かにその通りです。議会で何もしなくても、市役所に行っていなくても、地元でご挨拶回りをしていれば、市民の皆様から得票出来るので議席を維持出来ます。ですが、それではその人の立場を守るためだけであって、街のためにはならないわけです。


 本来であれば、議員としての仕事を議会で全うしてるか?を選挙で評価していくべきで、それが評価出来るような選挙にすべきです。と、、、一概に言っても市民の皆様の市政への興味もそれぞれなので難しいですが、まずは議会での実績の見える化を、行政の中でも進めるべきなのかもしれませんね。