2022.06.16 
補正予算審議

さいたま市議会予算委員会で補正予算を審議しました。

・新市庁舎整備計画等
上位計画である総合振興計画の改訂を待たずして、他の様々な計画を修正していくようです。
とすれば、市の目指す全体ビジョンとは整合性が取れない状態となってしまいます。
市庁舎移転はまちの将来ビジョンを大きく変える決定だったことは明らかですし、
まずは総合振興計画の早期改訂に取り組むことが必要だということを指摘しました。

・光熱費上昇に伴う補正予算
多くの公共施設持つさいたま市だけにその費用も非常に大きなものでした。
今回の補正予算20億の大半がこちらで、教育委員会だけで約10億円計上されていました。
必要性は分かるものの、節電の取り組みが今ひとつ明確ではありませんでした。
民間はみんな苦しんでいます。自治体だけ税金から補填すればよいというのはおかしいでしょう。
9月定例会までに明確な節電の指針を求めました。

討論でまとめさせていただきます。