2021.07.03 
6月定例会が閉会

さいたま市議会6月定例会が閉会しました。
総合政策委員会として、生活保護不正支給の真相究明と再発防止の徹底を求める付帯決議を委員会として提出し、可決していただくことも出来ました。
補正予算では、ワクチン接種事業に関して多額の補正もありました。さいたま市は、他市に比べて接種状況が遅いことは明らかであり、ワクチン接種が感染症対策としては一番大事であることは明らかなので、まずは最優先で注力していただきたいと思います。
加えて、オリンピックも間近に迫ってきています。新都心ではすでに大幅な車線規制も行われているし、首都高速では1000円の上乗せも予定されていて、明らかに市民の生活に制限が出ます。その中で、無観客という話も出てきていて、本当に国民に夢を与えるオリンピックといえるのか?という気がします。
(まぁこれは国の問題ですが、、、)
我々の生活に一番近いところを議論できるのが市議会なので、こういった疑問点や課題を少しでも取り上げて解決していくのが議員の仕事かと思っています。とはいえ、個の力では何もできないので、議会全体として提案していく必要があります。
この一ヶ月、いつも以上に様々なテーマを取り上げたと思うので、少しでもそれが7月以降に反映されることを期待してます。