2020.12.18 
さいたまディレーブさんの活動報告会

さいたまディレーブさんの活動報告会に出席しました。

初年度の戦績は、このコロナ禍の不規則なスケジュールの中でしたが、立ち上がりとしては順調とのことで、さいたま市の自転車チームとして更に飛躍してくれることを期待しています。そして、来年からはスズパワーの鈴木さんが新監督とのこと!地域密着の活動も併せて、がんばっていただきたいです(^^)
さて、さいたま市議会12月定例会も本日閉会しました。
総合振興計画は、行政計画なのに政治思想が散在したり、コロナウイルスの社会影響がなかったり、という状態のまま、結局可決され、実施計画も適当な指針のままで本当に恥ずかしいです。計画なので、実際の事業にはそこまで影響しないのかもしれませんが、それなら何のための計画?と思ってしまいます。
自転車のまち、という政策にしても、税金を浪費するクリテリウムを開催しても、市民にとっての自転車のまちにはなりません。自転車が市民にとって乗りやすいモビリティとして親しまれ、またディレーブのようなチームが競技としての自転車を周知して子どもたちに夢を与え、地域全体として自転車で走りやすい環境整備をしていくことが、本来の自転車のまち、でしょう。

今一度、議会として真剣に執行部の姿勢を問いただしていく、2月定例会にしたいです。