2020.10.23 
大阪市廃止反対


大阪市廃止・特別区設置の住民投票に関して、大阪市廃止に反対の立場から、同じ政令市さいたま市の自民党議員として応援に行ってきました。

政令市だからこそ持つ権限や財源をあえて失うこと、そしてメリットの見えない行政区の再編によって無駄に1000億円以上もの無駄なコストをかけてしまうこと、さらには”大阪市”という生まれ育った街の名が消えてしまうこと、、本当に恐ろしいことが起きようとしています。

さいたま市は旧4市が合併して出来た市であり、20年前に政令市になるために、地域の先輩方が本当に血の滲む努力をして成し遂げた行政区です。大阪市は政令市制度が出来て以来、ずっと政令市のトップリーダーとして他市を牽引してきたのに、その逆のことが無駄に起きようとしている。地方分権を進めている今のご時世から逆をいく話であり、日本の地方自治の在り方としてもあり得ないと思います。


なんとなく古いものを壊して、なんとなく都構想がカッコいいとか、二重行政がなくなりそうとか、曖昧な空気感に流されてはなりません。大阪の方々には踏みとどまっていただきたい。

そして、今後も政令市・大阪市が取り組んできた事業を、さいたま市としても勉強させていただきたいと思います。