2018.08.14 
盆迎え火

昨日はお盆の迎え火でした。ご先祖様が年に一度我々のもとにお戻りになる日ですね。そして地元の下町では、毎年8/13夜が盆踊りで、ご先祖さまのおもてなしです。昔ながらの友達も、毎年子連れでたくさん集まっており、アットホームで気分もなごみました。
そんな中で、、、隣の地区で火災が発生し、消防団の出動もありました。気が緩む瞬間が、思わぬ災害に繋がるのかもしれません。気を付けたいですね。
一方で、お盆中でも10名が出動した本町分団の結束も感じました。地域のみんなで地域を守る、、、これも大事です。
また、地元の新盆見舞いの中では、先代の加藤先生のお宅で久々に奥様と多くのお話をさせていただきました。その中で、昔は加藤先生が柏さんのお宅によく訪問されていたそうで、自分が加藤先生の所へ来ていた姿はそれに似ているな、と遠目から見て感じていたとの事でした。
故人の方の想いを次代に繋ぐ責任を改めて感じさせられるのもこのお盆の3日間なのかもしれません。与野という昔からの地域を守るためにがんばります。