2017.12.05 
一般質問

本日、一般質問を終えました。前日から胃腸炎に苦しんでいた中で、何とかやりきった感じでした。
特に公共施設マネジメントの見直しとJR埼京線の課題に関しては、いい内容の組み立てが出来たのではないかなぁ、と思っています。
公共施設マネジメントの本質は、新規施設の抑制でも、総量規制でもありません。歳出の削減を最大の目的として、公共施設の在り方そのものを変えていかなければなりません。公共施設と民間施設の複合化によって、経済効果を生み出している事例もたくさんあります。さいたま市でも、その事例を早く作れるよう、私も頑張りたいと思います。
また、JR埼京線については、約20年に渡る都心への通勤通学で、自分自身苦しんでいたからこそ出来る質問だったと思いますし、今まで議会でこのテーマの提示もなかったはずです。与野本町駅では利用者2倍増、武蔵浦和駅では3.5倍増であるのにも拘らず、本数は約1.3倍にしか増えておらず、これでは需要を満たせてるとは言えません。ぜひ日々の通勤をしている市民のためにも増発をかなえたいです。
最後に、さいたま国際マラソンについて、高いエントリー費やハードなコースなどにおいて、来年に向けての改善を市長に約束していただいたことも、大きかったと思います。もはや、職員だけの交渉では不可能な所に来ています。市長がリーダーシップを取って、他の主催者と協議して、恥ずかしくない大会を構築していただきたいです。自治体負担は今もなお2.6億円と高額過ぎる大会なのですから、、、