2017.02.17 
総合政策委員会

総合政策委員会が開かれまして、本日は議案審査および請願審査と報告事項、来週は議案外質問が行われます。
私からは今回5項目25分を通告させていただきました。
1.姉妹都市について
2.さいたま市のブランド創出とPR
3.埼玉県との調整会議について
4.公共施設の複合化について
5.職員の業績による褒賞について
になります。
1年間で総合政策委員会所管については多くのことを質問させていただきましたが、今回でついに最後です。特に課題意識があるのは項目3と4になります。
3.については地元の与野中央公園の整備事業が、市の方針ではH28年度に基本計画、H29年度に基本設計と決まっていたのですが、県との調整池の予算協議が頓挫して一年遅れになった案件で、自分としては一番納得いかない事案でした。本件の責任の所在を明確化するために、この県との調整会議の議事録を求めます。埼玉県との協議は、他にも世界盆栽大会の予算2000万がゼロになったり、市民マラソンの支援も受けれなかったりする一方で、病院の土地の無償貸付や、高校の土地の無償寄付など求められており、さいたま市がだいぶ不当な扱いを受けている印象です。
4.に関しては、代表質問でも自民党だけではなく他会派からも触れられていたことで、公共施設マネジメントの目的は歳出を削減するための複合化と公民連携であるはずなのに、総量15%削減するという規制が主目的になっていることを改めて議論するためです。豊島区役所のマンションとの複合化や岩手県志波町の公民連携による公共施設複合化のオガールPJなど、先例に触れつつ、なぜさいたま市がこういう先進的な施策に踏み込めないのか?明らかにしたいです。