2017.02.12 
金星観望会

与野中央公園予定地での金星観望会、大盛況でした!
寒い風が吹く中で、ご参加をされた方々はお疲れ様でした。
今回は学生スタッフの皆さんのおかげで、自分も解説に回ることが出来たし、前回に比べてだいぶうまく星を見せれた気がします。
金星は、満ち欠けと共に大きさも変わるということで、地球の内側にある惑星ということを科学的に説明できるので、物理教育テーマにおいても最適な天体のような気がします。2月末までは見れますが、その後しばらく姿を消し、4月以降は明け方に見えるようになります。
次回観望会は、木星土星が上がってくる夏に開催しようと思います。その際はまた告知致します。