2016.12.21 
補正予算の賛成討論

さいたま市議会予算委員会におきまして、自民党会派を代表して、補正予算の賛成討論をさせていただきました。本補正予算案は、(仮)東日本連携支援センター設計業務と中央消防署移転に伴う土地取得費用でした。
東日本連携支援センターは国の補助金であります「地方創成推進交付金」を活用する事業であります。大宮が東日本の玄関口として全国的にも注目を集めていることから、国からの補助金の獲得に成功したという経緯もある一方で、まだ市には具体的な施策も固まっていない不安感もあります。ぜひさいたま市のブランド力を強化できる施設整備を行っていただきたく思います。
また、中央消防署移転は、中央区の消防署は築50年を経過しており、一刻も早い建て替え整備が必要な中で、周辺地域の住民の方々への充分な説明がなされていないという指摘も受けて、本議会で審議が難航していた問題でした。広く周知していくことは非常に難しいことではありますが、私からはポスティングも活用して周辺地域への全戸周知と、中央区役所周辺の公共施設再編を所管する都市局と連携した説明も行うことを要望させていただきました。本件によって、ようやく中央区のまちづくりを一歩進めていくことが出来ますし、地元の方々の想いもつまっております。私も、本件に関しては皆様へのご説明がうまく行き届かなかったこと、また他の議員の先生方にもご不安とご迷惑をおかけしてしまったことを反省しまして、中央区選出議員として責任をもって事業を進めていく所存です。