2015.10.30 
まちづくり委員会視察~公園について~

博多では、博多駅に続いて、大濠公園を視察してまいりました。

福岡では、ニューヨークをモデルにしたセントラルパーク構想というまちづくりをしており、まさにこの大濠公園は街の中心と言える公園です。
公園の中央に大きな池があるものの、その周囲には歩行者ロード、ランニングロードが一周2キロで整備されており、平日日中でありながら、数多くのランナーにすれ違いました。そして、大濠公園のスタバは景観賞を取ったことでも有名で、市が公園に合う施設ということで土地を有償で貸し出ししてオープンしているとのことです。これも街の賑わいにつながるでしょう。

都市部に大きな公園用地を用意するには、最初から都市計画をする必要があるので難しいですが、さいたま市でいえば大宮公園がわりと近いのかな、と思います。広さと大宮駅からの地の利を生かして、もっと賑わいのある公園にしていくことは十分可能でしょう。
公園は、多くの市民の皆さまに利用していただけるだけでなく、市外からも来訪者を集めていくことも出来るので、まちづくりの中核と言える場所であるのは間違いありません。